「ほっ」と。キャンペーン

ペナン島でスローライフ

クレープ♪


ずっと行ってみたかったクレープパーラー、「Crepe Cottage」に行ってきました!

ここはガーニードライブ沿いにある小さなレストランで、外装も内装もCottageという名前がぴったりのキュートなビーチハウスっぽい雰囲気になっています。
もともとはオーナーさんのおうちだそうですが、ペナンで一番ぐらいにトレンディ(死語?)な場所にあるし、目の前は海だし、こんなところに持ち家があるなんて、とってもラッキーだなぁと思います。

さて、お料理のほうですが、クレープパーラーといってもメニューはびっくりするくらい豊富!
クレープ(メインとデザートに分かれる)だけで何十種類もあるし、それ以外のメニュー(パスタだとか、グリルだとか)も数え切れないくらいです。

   
                  私が注文したチキンと野菜のクレープ包み
          (中は特製ソースをからめて炒めた何種類もの野菜とチキンがたっぷり)
e0148371_12375582.jpg



                    オットが注文したラムのハーブ焼き
e0148371_12384086.jpg


 
                   娘が注文したブラックペッパーフィッシュ
e0148371_12392887.jpg



ちなみに、息子の注文したクラムチキン(パン粉をつけて揚げたもの)は、あっという間にたいらげられてしまい、写真を撮ることができませんでした。
食べることに命をかけてるんじゃないかというほど食いしん坊の息子、両親にそっくりです。(爆)


デザートは2皿オーダーして、みんなでシェアしました。


                       ホットアップルクレープ
e0148371_1241330.jpg



                       ゴールデンデリシャス
e0148371_12414996.jpg


西洋料理にしてはメインもデザートも全然しつこくなかったです。
どれも薄味で、メインには野菜がたくさん付いているし、デザートも程よい甘さ。
たぶん家族経営みたいなんですが、お料理自体も家庭料理っぽくて、ほっとする美味しさでした。

ただ一つの難点は、お料理が出てくるのがとってもゆっくりなところ。
私たちは7時半ぐらいにお店に入ったのですが、デザートまで食べ終わったときには2時間が経っていましたから。
たしかに後からどんどんお客さんが増えて満席になりましたが、入ったときは私たち以外には女性客ひとりのみだったのに。それに、お店自体も小さいから、満席といっても大した人数じゃないんですよ。

なのにここまで時間がかかるなんて、たぶんシェフは一人きりなんだろうね~なんて言いながら、みんなでお喋りして過ごしましたが、もう夜も遅かったし、子供たちは飽きてましたね。(^^;

でも常連さんが多いんでしょう、誰も文句を言ったり怒ったりする人はいませんでした。
時間がたっぷりあって、永遠に二人でお喋りしていたいというカップルなんかにはお勧めですが、小さいお子さん連れのご家族にはちょっときついかもしれません。

メニューの数を減らせばシェフひとりでも対応できるし、回転も早くなって利益も増えるのに。。。と思ってしまいましたが、利益は二の次で、マイペースで好きなようにやることを楽しんでらっしゃるんだろうなという感じもしたので、このお店はこれでいいんでしょう。

でも、こういうスタイルのお料理なら、材料さえそろえれば家でもできそう。
今度はおうちで作ってみようかなと思います。

   
[PR]
# by penangite | 2009-12-01 12:57 | 食べ物

クラスパーティー


今週でマレーシアの学校は学年末を迎えます。
小学校も中高校も、10月の終わりに学期末試験が終わるともうほとんど授業はなくて、残りの3週間は勉強らしいことはせずにだらだらと過ごすみたい。

息子の学校では2週にまたがってシャレードというゲーム大会があり、息子のグループはなんと優勝、景品に1冊ずつ薄い小説をもらってきました。
娘の学校でも先週、今週とキャンプの真似ごとみたいな活動があり、テントの張り方などを習ってきたそうです。

今日は息子のクラスのお別れパーティー。
各家庭から食べ物や飲み物を持ち寄りでということで、うちはクラス全員からのリクエストでお寿司を作って持っていくことに。

もうけっこう前から海外で寿司ブームとよく聞きますが、マレーシアでもお寿司は大人気。
特に中国系の方とは食文化も似ているので、寿司にかぎらず日本食大好きという人が多く、「作り方教えて~」とよく言われます。

一方、マレー系の人は宗教の関係もあって(みなさんイスラム教徒です)、食に関してもわりと保守的で、これまで何度か日本食をリクエストされて作ってみたのですが、口に合わないようであまり食べてもらえない。。。
唯一OKなのは天ぷらとか、鉄板焼きぐらいかな?

お寿司もいろいろ試してみた結果、一番万人受けするのがツナレタス巻きだということがわかったので、今回も朝5時前に起きてツナレタス巻きをたくさん作って息子に持たせました。


                        炊いたお米は6合分
e0148371_2021121.jpg


これ、夜のうちに寿司飯だけは作っておいたので間に合ったけど、でなかったらとても6時50分に家を出られませんでした。
私は手が遅いからかもしれないけど、巻くのも切るのもけっこう時間がかかりますね~。

でも苦労の甲斐あって、お寿司はあっという間に完売だったそうです。
クラス38人なので、ひとり一切れか二切れしか食べられなくて、「もっとないの~?」という声があちこちであがっていたとか。
担任の先生をはじめ、数名の先生方もパーティーに参加してお寿司を味見してくれたそうで、息子を通じてお礼の言葉をいただきました。(^^)

他にもスパゲッティー、クリームスープ、焼きビーフン、ケーキ各種、学食からオーダーしたフライドチキンなど、たくさんの食べ物が持ち込まれ、食いしん坊の息子をして「食べ過ぎて疲れた」と言わせるほどの豪華メニューだったようです。

明日の最終日が終わればまた来年までお友達ともお別れ。
楽しいパーティーになって良かったね!
[PR]
# by penangite | 2009-11-19 20:42 | 子供

トム ヤム ウダン


以前に紹介したタイ料理レストランの「バンコクトムヤム」、なんと支店ができていました。
その名も「トム ヤム ウダン」。 (ウダンとは、マレー語で海老のことです。)

e0148371_11393956.jpg


場所は Jurutong (ジュルトン)という町にあるペナンスカッシュセンターのすぐ近く。
この支店のことはまだあまり知られていないみたいで、土曜のお昼に行ったのに、お客さんは私たち家族だけ。
テーブルがずらりと並んだひろ~いレストランなんだけど、もったいないわ・・・


                 ネコちゃんが一匹、お昼寝していました。(^^)
e0148371_11413584.jpg



この日は夫と子供たちはナシゴレン(炒飯)、私はナシパプリッを注文しました。


                         ナシパプリッ
e0148371_11454924.jpg


                     トムヤムはいつも必ず注文
e0148371_11463686.jpg


野菜炒めと卵焼き、ジュースなどの飲み物まで入れて、計37リンギ(1000円ちょっと?)でした。
お味は本店と同じだけど、こちらのほうが家から近いし、すいているので(今はまだ)、今度からこの支店に来ようと思います。

さらに嬉しいのは、ここだと子供たちの学校からも5分ちょっとぐらいなので、学校帰りにランチをしに寄ったりできること。
特に息子が終わるのが遅いときなど、娘とここでランチをしながら時間をつぶして、息子にはお持ち帰りをオーダーなんてこともOK。(^^)v
今までこの辺りにはハラル(ムスリムが食べてもOK)の美味しい食べ物やさんが無かったので、重宝しそうです。

(営業時間はお昼から夜中まで。年中無休です。)
[PR]
# by penangite | 2009-11-18 11:59 | 食べ物